FC2ブログ

記事一覧

随時更新『Wikipedia(ウィキペディア)・Wikiwand(旧称:WikiWand、ウィキワンド)』の虚偽記述による名誉毀損・著作権侵害などの犯罪行為について/稻 恭宏 博士 公式プロフィール【稻 恭宏 博士 公式サイト The Official Website of Dr. Yasuhiro INA, D.M.Sc.】

随時更新『Wikipedia(ウィキペディア)・
Wikiwand(旧称:WikiWand、ウィキワンド)』の
虚偽記述による名誉毀損・著作権侵害などの犯罪行為について/
稻 恭宏 博士 公式プロフィール


2019/03/13 に公開

閲覧者の皆様へのお願い:
本動画を加工して再アップロードされるなどの行為はご遠慮いただきたいと存じますが、本動画へのリンクは、あらゆるメディアにおいて、どうぞご自由になさってください。


随時更新 『Wikipedia(ウィキペディア)』の虚偽記述による
名誉毀損・著作権侵害などの犯罪行為


> (ページ名およびページ本文左最上段)恭宏
> (ページ本文左上から2行目) 恭宏(いな やすひろ、

 本公式サイトと並立してある稻博士の別の公式サイト

http://yasuhiro-ina-dmsc.jp

においては、閲覧者の方々から文字化け等のご連絡があったために、現在は、新字体の『』を使用しておりますが、稻博士旧字体の『』(いな)が正しい字体です。

 したがって、正しくは、其々、
恭宏    恭宏(いな やすひろ、   です。


> 1967年昭和42年)―
> 1967年、栃木県生まれ

 稻博士の「生年生年月日)」と「出生地」は公表しておりません稻博士の「生年生年月日)」と「出生地」を記載した出典全て、我々が公表した情報に基づいているものではなく、内容も事実ではありません
 出典であるとされている下野新聞記事にも、「本県出身」としかなく、「生年生年月日)」も「出生地」も掲載されておりません


> 日本の放射線医学者

 稻博士は「放射線医学者」ではなく「医学者」です。


> 一般財団法人恭宏博士記念低線量率放射線医科学研究開発機構理事長

 正しくは、「」は「」、「理事長」は「最高栄誉総裁」です。


> 卒業大学は非公表

 「東京大学医学部卒業」と公表しております
 下記の稻博士の公式プロフィールもご確認ください。

 この虚偽記述は、アカウント名Net traveler】(特別:投稿記録/Net travelerIPアドレス123.198.216.151によって行われ、アカウント名Ootahara特別:投稿記録/Ootaharaが、繰り返しの版戻し(Rv)(再記述)を執拗に行っており、アカウント名JapaneseA】(特別:投稿記録/JapaneseAが、数十回にも及ぶ永年繰り返しの版戻し(Rv)(再記述)を続けるという、執拗極めて悪質名誉毀損犯罪です。


> 1993年 - 1994年、早稲田大学人間科学部衛生学公衆衛生学教室[5][6]

 稻博士は、早稲田大学とは何の関係もありません

 この虚偽記述は、アカウント名Ootahara特別:投稿記録/Ootaharaによって、8年以上に亘って、繰り返し行われていますが、この出典であるという和文論文([5] [6])は、二つとも稻博士とは何の関係もない新字体の『稲』を使用されている『稲 恭宏』という方他の方々の論文であり、名誉毀損と関係学会も含めた著作権侵害犯罪記述です。

 その他のインターネット情報などにおいても、『稲 恭宏』と新字体の『稲』を使用されている方がいらっしゃるようですが、静岡県、東京都、神奈川県、鹿児島県、大阪府、埼玉県、兵庫県、千葉県、北海道、茨城県、愛知県、新潟県、沖縄県、三重県、福岡県、岩手県、栃木県、。。。、福島県、広島県、滋賀県、京都府、秋田県、宮城県などの全国各地に、明治時代初期に創氏された方々を含め、多くの稲(「いな」または「いね」)姓の方々がいらっしゃいます。また、稻博士の名の『恭宏』(やすひろ)につきましても、同じ字の『恭宏』で「やすひろ」または「たかひろ」などの読みで使用されている方々が大勢いらっしゃいますので、くれぐれもご注意ください。

 『稲』姓、『恭宏』名につきましては、下記の3つのサイトにも大変解り易く掲載されておりますので、ぜひ、ご確認ください。

 「稲」という名字(苗字)の読み方や人口数・人口分布について

 みんなの名前辞典 恭宏

 漢字書き順辞典 恭宏と書く男の子の名前


> 2000年6月、東京大学大学院医学系研究科病因・病理学/免疫学専攻博士課程を修了し、東京大学から博士(医学)の学位授与

 この虚偽記述も、アカウント名Ootahara特別:投稿記録/Ootaharaによって、繰り返し行われていますが、事実ではない虚偽記述です。

 正しくは、最近まで当該“記事”(ページ)に記載されていた
東京大学大学院医学系研究科病因・病理学/免疫学専攻博士課程を修了し、東京大学から博士(医学)の学位授与」です。


> 2019年現在、日本全国健康長寿応援団ホームページは存在していない

 この虚偽記述も、アカウント名Net traveler】(特別:投稿記録/Net travelerによって行われ、アカウント名Ootahara特別:投稿記録/Ootaharaが、繰り返しの版戻し(Rv)(再記述)を執拗に行っており、アカウント名JapaneseA】(特別:投稿記録/JapaneseAが、数十回にも及ぶ永年繰り返しの版戻し(Rv)(再記述)を執拗に行っており、極めて悪質名誉毀損犯罪です。

 まず、団体名の「日本全国健康長寿応援団」からして誤記載です。

 同団体の正しい名称は「世界健康長寿応援団/日本全国健康長寿応援団」です。

本公式サイトと並立してある稻博士の別の公式サイト

http://yasuhiro-ina-dmsc.jp

低線量率放射線療法の発見・確立と世界展開

http://yasuhiro-ina-dmsc.jp/LowDose-RateRadiationTherapy.html

に、「世界健康長寿応援団/日本全国健康長寿応援団設立直後より一度も途切れることなく存在しております。

 世界各地、日本全国各地から開催のお申し出のお問い合わせなどを随時お送りいただいており、現在も、同応援団の活動は、世界各地、日本全国各地で行われております。

 同ページ内にあるリンク先

http://mauchan.com/world_healthy.html

も、同様に、同応援団設立直後より一度も途切れることなく存在しており、こちらへのお問い合わせなども随時受け付けております

 『Wikipedia(ウィキペディア)』には、当該リンク先のページ内に記載されている「このページは現在準備中です。」との記載を曲解し、「存在していない」と記述されているようですが、これも事実ではありません

 この具体的な事情については、
稻博士と我々を応援してくださっている方々の下記の記事をご確認ください。


https://factcheckforjapan.blog.fc2.com/blog-entry-63.html


> ~~発見し確立した」と主張している
> ~~健康寿命が延長される」と主張している

 稻博士は、一度たりともこのような発言も記述もされたことはありません。
 このような発言・記述を行っているのは、
あくまで、本公式サイトと並立してある稻博士の別の公式サイト

http://yasuhiro-ina-dmsc.jp

にも明記してある通り、『稻 恭宏 博士 公式ホームページ 製作委員会』の我々や、
稻博士をお護りし補佐してくださっている方々
です。

> しかし、この「確立した」という主張を直接示している文献は存在せず、学会からも完全に無視されている。稲によって実際にヒトに適用した例も存在していない。
> しかし、実際に人間でそのような活性化・正常化が起きていることを示した論文を稲は未だにまったく発表してない。

 上記の4点虚偽記述も、
アカウント名Net traveler】(特別:投稿記録/Net travelerによって行われ、
アカウント名JapaneseA】(特別:投稿記録/JapaneseAが、数十回にも及ぶ永年繰り返しの版戻し(Rv)(再記述)を続けるという、執拗極めて悪質名誉毀損犯罪です。

 稻博士の低線量率放射線医科学・低線量率放射線療法に関する英文・和文の公刊学術論文は、多数の論文査読者(レフェリー)による「Peer Review(関連学会の専門家による厳正な査読審査)」で認められたものであり、臨床各科の先生方との共同報告も含む多くの各種疾患の患者さんたちの治療・改善効果を示した学術論文、読売新聞、産經新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日本農業新聞、下野新聞、茨城新聞、産經新聞社夕刊フジ、米国の羅府新報(Rafu Shimpo)、日刊サン(Japanese Daily Sun)などの記事が存在しています。


> (関連項目)放射線ホルミシス

 この「放射線ホルミシスという文言・概念には、稻博士が、英文和文の学術論文、新聞記事、講義・講演等で、一貫して、放射線医科学にとって最も重要な基礎知識であると解説されている『線量率(Dose-Rate)』(=放射線の強さ)の知識・思考が欠落しており、稻博士の関連記事等に「放射線ホルミシス」という文言が存在している誤情報の発信によって、多くの閲覧者、読者の方々の大変な混乱が生じております


 以上のご参考に、稻博士と我々を応援してくださっている方々の
下記の記事も、併せてご確認ください。


https://factcheckforjapan.blog.fc2.com/blog-entry-65.html


稻 恭宏 博士(Dr. Yasuhiro INA, D.M.Sc.)公式プロフィール

 栃木県出身。天皇陛下、皇后陛下の両陛下が、我が国の靖國神社、護國神社で唯一公式に御親拝され、本殿正面左右上方に天皇皇后両陛下御親拝時の御姿の御写真が掲げられており、戦後数十年に亘って海外各戦地の慰霊巡拝を国籍や当時の敵味方に関係なく継続しており、皇族方、神社本廳とも所縁が深く、世界平和と人類共存を祈る場である栃木県護國神社の創建時よりの宮司家であり、今上陛下のお姉様の池田厚子様が総裁を務められている神社本廳の本宗奉賛部長、総合研究部長、伊勢神宮式年遷宮広報本部事務局長、参事などの専任官トップを務める、千数百年前に天皇家から分かれた稻家の男子直系の子孫。稻家は、明治時代以降は、病理学者、感染症学者などの医学者も輩出している。

 稻博士は、幼少期に、投薬や手術のミスによる後遺症で苦しむ友人たちや大人たちの姿を目撃し、医学研究の道を志す。東京大学に入学後、一般教養分野、基礎医学・臨床医学などの医学全般を学び、医学部医学科の大学院(博士課程)である東京大学 大学院 医学系研究科 病因・病理学(免疫学)専攻 博士課程までを修了し、東京大学より博士(医学)の学位を授与される。

 東京大学在学中は、入学から博士課程修了まで、授業料を毎年前期後期とも全額免除され、各種奨学金が支給されていたが、多くの和文、英文、独文、仏文などの書籍の購入に奨学金のほとんどを費やしながら、勉学と研究を続けた。

 稻博士の元々の専門は、エイズ、固形がん、リンパ腫、白血病などをはじめとする各種難病の免疫学的治療法、遺伝子治療の研究であるが、日々、副作用で亡くなっていく多くの患者さんたちを目の当たりにし、副作用がない革新的治療法(革新医学療法)の研究に没頭。世界で初めて、低線量率放射線医科学、及び、副作用がない低線量率放射線療法を発見し確立。この公刊された稻博士の英文学術論文の半数は、国連科学委員会(=国連原子放射線影響科学委員会(UNSCEAR:United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation))の報告書と白書にも引用されている。

 平成23年(2011年)3月11日に発生した、我が国では約千年に一度と言われているマグニチュード9.0の巨大地震であった東北地方太平洋沖地震とこれによって生じた巨大津波による東京電力福島第一原子力発電所事故の直後から、栃木県護國神社境内にある護國会館での緊急特別講演など、国内外において、孤立無援の中、「福島、東北、日本の放射線、放射能、放射性物質による科学事実に基づく悪影響は、現在も今後も何も生じない。生じるのは、非科学情報による風評被害のみである。」と科学解説を続け、翌 平成24年(2012年)には、世界的な放射線医科学、分子病理学、免疫学、遺伝学などの専門家らから成る国連科学委員会(UNSCEAR)と国際放射線防護委員会(ICRP)が、旧ソ連のチェルノブイリ周辺における四半世紀以上に及ぶ多くの国際学術調査の結果から、稻博士と同じ科学見解に到達している。国連科学委員会(UNSCEAR)は、公式学術報告書を完成させ、国連総会で承認・議決され、国連決議となっている。

 稻博士は、平成24年(2012年)3月3日には、東京大学第24代総長である有馬朗人氏が初代理事長(現・名誉会長)を務め、我が国を代表する放射線医科学の専門家らから成り、平成23年度(2011年度)第3学期より、我が国において、約30年ぶりに全国の中学校、高等学校で再開された『放射線・放射能・放射性物質などについての教育』を、政府への提言から実施まで主導した NPO法人 放射線教育フォーラムにおいて、『「低線量率放射線医科学の教育」が世界を救う』と題した特別招待教育講演を行っている。

 更に、稻博士は、同フォーラムが発行している専門家向けの学術誌『「放射線教育」別冊 放射線教育で国の復興を 放射線教育フォーラム2011年度成果報告』に、自らの研究成果から、科学界における人類史上最大最悪の非科学情報である約100年前の1920年代からの【放射線の人体・動植物影響に関する LNT(Linear No-Threshold、直線閾値無し(直線無閾値))仮説】(=現代の医学・生命科学では完全に否定されている、放射線はどんなに自然界レベルの極微量であっても、全て、発がんの可能性が生じ得るとする「放射線絶対悪」仮説)を根本的に否定する複数の図も含めた『≪低線量率放射線医科学概論≫「低線量率放射線医科学の教育」が日本を復活させ世界を救う』と題する論文も発表している。

 しかし、我が国をはじめとする世界中のほとんどのメディアは、この稻博士らの科学事実を全て封殺、黙殺して報道せず、稻博士は、現在も我が国の真の復活と人類と地球上の多くの動植物の正常な生存、地球環境の保護と再生のために、日々、壮絶な闘いを続けている。稻博士のこのような微動だにブレない不撓不屈の永年の一貫した言動に対し、欧米の科学者の中には、稻博士のことを『ラスト・サムライ(Last Samurai)』、『ラスト・ホープ(Last Hope:最後の希望、最後の切り札)』と呼ぶ者もいる。

 稻博士は、東京大学 医科学研究所 客員研究員などを歴任し、(一財)稻 恭宏博士 記念 低線量率放射線医科学研究開発機構 最高栄誉総裁、世界健康長寿応援団/日本全国健康長寿応援団 理事長、東京大学 医学博士(病因・病理学/免疫学)として、英国オックスフォード大学や米国などにおいても講義を行っている。



閲覧ランキングに参加しています。
よろしかったら、ぜひ、下記の
【3つのランキング】と【拍手】のバナーをクリックしてください。




ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサーサイト

稻 恭宏 博士 公式サイト

稻 恭宏 博士 公式サイト 製作委員会

Author:稻 恭宏 博士 公式サイト 製作委員会
稻 恭宏 博士 公式サイト The Official Website of Dr. Yasuhiro INA, D.M.Sc.
製作:稻 恭宏 博士 公式サイト 製作委員会
管理・運営:稻 恭宏 博士 公式サイト 管理・運営委員会

ようこそ当サイトへ!

☆ 閲覧いただきまして有難うございます。【拍手・閲覧ランキング】に参加しています。もしよろしかったら、ぜひ、下記の『にほんブログ村プロフィール』、ランキング表最下段緑帯部分の『投票する』、一番下【FC2拍手ランキング】水色地黄色文字の『ランキング』の3箇所をクリックしてください。 ☆ We are participating to the Site Rankings. Thank you very much in advance for your kind clicking following three banners.
PVアクセスランキング にほんブログ村

FC2拍手記事別ランキング